2005年02月28日

JOURNEY

ジャーニー.jpgジャーニー1983年作品「フロンティアーズ」
二ール・ショーンのギターも良いし、ジョナサン・ケインの作るバラードも泣かせるんだけど、ジャーニーの魅力は何と言ってもスティーブ・ペリーの声でしょう!
でも最近彼は何をやっているのでしょうか?

世界的な大ヒットアルバムになったのだけど、全米9週連続第2位で終わった。そしてその上には、37週1位というマイケル・ジャクソンの「スリラー」が君臨していたらしい。納得!
posted by kin at 23:05| Comment(2) | TrackBack(1) | ロック・ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

コーネリアス

コーネリアス.jpgコーネリアスの「ファースト・クエスチョン・アワード」
もうこれが出てから11年も経つんだな〜。コーネリアス=小山田圭吾を追いかけているわけではないので今どんな活動しているかは全く判らない。2003年に「CM2」をリリースしたようだが、その後は不明。

彼が小沢健二とやっていたフリッパーズ・ギターでもそうだったが、この人の青空に飛行機雲一直線的な(勝手なイメージ)ポップな部分がとても好きだし、それに被さるファンキー?で下品なギターも私には魅力的。実験的なものを演られると退いてしまうのだが・・・。
posted by kin at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 邦楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月09日

NAT KING COLE

nat.jpgカテゴリーはジャズにしたが、このアルバムはポピュラーミュージックに入るのだろうな・・・まあ、そんなことはどうでも良いか!
スタンダード・ナンバーを中心に美しいバラードがてんこ盛りのアルバムであり彼の代表作のひとつ。
特にホっとしたい人にはお奨めです。
夜、自分だけの時間にバーボンでも舐めながらお試しあれ。
posted by kin at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月08日

WINGS OVER AMERICA

ポールUSAライブ.jpgビートルズ後半ではライブを行わずひたすらスタジオにこもりアルバムを作っていた反動がウイングスで爆発したようなポール・マッカートニー。
曲を作るのはもちろんの事、甘いラブソングからシャウトまで自由自在に歌えてしまう喉を持つ天才アーティスト。
よくジョン・レノンとポールを比べるが、ジョンは自分の作る歌で人を寄せ付けてしまうのに対し、ポールってミュージシャンとしての自分に嘘はつかずにファンが何を望んでいるのか察知して、それをポン!って出してやることのできる稀有なエンターテイナーだと思う。
このアルバムは1976年に発売されたアメリカツアーの模様を収めたものでLP3枚組みにも係わらずアメリカでNO1を獲得している。同じツアーで日本には来たもののポールの麻薬所持でライブは行われなかった。
どうでも良いことだが、ビートルズ好きのぼくは昔友人と組んだデュオに「翼」というバンド名を付けて歌っていたことがある・・・若いって怖いもの知らずの恥知らず・・・。
posted by kin at 21:06| Comment(2) | TrackBack(0) | ロック・ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月01日

QUEEN

queen.jpgTVのCMなどで使われたり主題歌になったりと未だに持てはやされているクイーン。写真のアルバムはベスト物。
デビューはベイシティーローラーズと同じ頃で雑誌「ミュージックライフ」などでは当時ライバルバンドの様に書かれ、アイドルグループとして見られていた時期もあったが、格が違うのは当時から歴然。
ブライアンメイのギターが昔の暖炉の木を使って親父とふたりで作ったもので保険金がスゲー掛けられているなんていうのが当時の話題だった。
結局、フレディーマーキュリーの死が全てを終わらせてしまうわけだが、今年ポール・ロジャースを入れて復活コンサートを開くという噂もある。
止めた方が良いと思うけどな〜!フレディーはまさしくオンリーワンだし・・・大体今のポール・ロジャースにあの声出るのかい?
posted by kin at 22:38| Comment(3) | TrackBack(0) | ロック・ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。