2005年04月20日

GEORGE BENSON

ン.jpg春っぽいアルバムを紹介。
1976年春に発表されたジョージ・ベンソンの「ブリージン」
フュージョンをまだクロスオーバーと呼んでいた頃、ジャズギタリストとして人気だったジョージ・ベンソンが世に送り出したアルバムです。これから一気にフュージョンの時代に入って行った様に記憶しています。
タイトル曲の「ブリージン」は春らしい軽やかな曲で当時かなりヒットしたはずです。出だしのギターフレーズをコピーした人も多いと思います。作者はボビー・ウーマックで彼も素晴らしいコンポーザーでありギタリストです。
「マスカレード」では素晴らしいジョージ・ベンソンのボーカルも聞けます。
posted by kin at 22:30| Comment(1) | TrackBack(1) | フュージョン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。