2005年07月07日

bird and diz

birddiz.jpgビ・バップを築き上げた中心人物であるチャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーの最終スタジオ録音。
1950年6月6日。ピアノにセロニアス・モンク、ドラムはバディ・リッチ。
パーカー&ディズの演劇は勿論素晴らしいけど、モンクのピアノって不思議で好きだ。
posted by kin at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。