2005年01月01日

EARTH WIND & FIRE

アースあけましておめでとうございます。

今年最初のエントリーは1978年にリリースされた「ベスト・オブ・アース・ウィンド&ファイアー」です。
モーリスホワイトを中心にジャズやラテン、ロックなどの要素を取り入れ黒人層だけに止まらず広いファンを獲得したファンクバンド。日本では「宇宙のファンタジー」や、このアルバムには入っていませんが、ディスコで流行った「ブギー・ワンダー・ランド」が有名?
EW&Fと言えば16分音符多用の華麗なホーンセクションが浮かんできますが、日本にも「スペクトラム」というバンドがEW&Fの真似してホーンとド派手な衣装&不気味なファルセットボイスで登場した時には目眩がしたものです。
それからEW&Fで忘れてはならないのはアル・マッケイのリズムギターです。普通リズムを刻む人はシングルコイルピックアップを搭載したシャキシャキ、ジャキジャキした音の出るギターを使うのが常なのですが、この人はそれとは逆と言っても良いハムバッキングピックアップを使い少しモコっとした音で刻んでいます。それが、この人の持ち味にもなっていますが、このリズムギターの気持ち良さはハマると抜けられなくなります。


この記事へのコメント
あけましておめでとうございます!このブログいつも楽しみにしております。今年も音楽情報交換その他よろしくお願いいたします。
Posted by Y.Y at 2005年01月02日 04:11
これはこれは師匠、どうもあけましておめでとうございます。楽しみにしているなんて・・恥ずかしい限りです。いつも新鮮なネタ提供感謝しております。
近いうちに新春音楽放談いたしましょう。
それにしても、凄い時間に起きていますね。
Posted by kin at 2005年01月02日 11:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。