2006年03月18日

J.J.CALE

jjcale.jpgJJケールの「ナチュラリー」72年作品?
クラプトンの「アフターミッドナイト」「コカイン」はこの人の作品をカバーしたもので、そのおかげで浮上してきたらしい。

自分で穴を開けてしまったこ汚いギターが写っていたのをギター雑誌で見たのがJJを知るきっかけでした。

ジャンルとしてはスワンプロックという事になるのだろうか?良く判りませんが・・・。とにかく慌てず騒がずひたすら黙々と演奏しています。でも、飽きることはないのです。曲も良いけど声に哀愁があって良いのであります。ちょっとクラプトンに似ている気がします。バラードはお奨め。
posted by kin at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | ロック・ポップス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。