2005年03月20日

AL GREEN

al green.jpgアル・グリーン58歳の新譜です。
「セクシーに歌いなさい。そうしたら女の子たちはあなたに首ったけよ」
アル・グリーンに対してローラ・リーが言った言葉通りにしたのか、アルはヒットを連発しスーパースターになった。アルのバックは数々のディープソウルを生み出したハイサウンドのミュージシャンが受け持つ。この泥臭いメローなサウンドは当時のデトロイトやフィアデルフィアとも異なった独自のサウンドを生み出したとさ。

この新譜もそんなメンバーによって作られ素晴らしいアルバムになっている。言わば「おっさん達の底力」
アルバムタイトルは「Everything's OK」・・・まさしく!

この記事へのコメント
出たんですよね!
アルおじさんの新譜!
バックメンバー考えても失敗は無いですよねー。
買おうと思います!
Posted by lenmac at 2005年03月24日 23:55
lenmacさんコメントありがとうございます。
「復活第1弾よりも良いです」とピーターバラカン氏もラジオで薦めておりました。
Posted by kin at 2005年03月26日 23:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。