2006年11月05日

James Hill  A Flying Leap

hill.jpg No.95

カナダの天才ウクレレプレイヤー・・・ジェームス・ヒル・・・。
世界的にはジェイク・シマブクロの方が有名なのかもしれないが、個人的にはジェイクよりこの人の演奏の方が肌に合う。
このアルバムではウクレレの他にベース、ギター、バイオリンなどの楽器をこなしており、ほとんどの曲をひとりで作り上げている。このアルバムが好きな理由のひとつにウクレレ中心で少ない楽器構成というのがある。バンドサウンドの中からウクレレの単音メロディだけが聞こえるというのは好きじゃない。私の場合ウクレレソロに近ければ近いほど好きということになる。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26807392
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。