2005年07月07日

bird and diz

birddiz.jpgビ・バップを築き上げた中心人物であるチャーリー・パーカーとディジー・ガレスピーの最終スタジオ録音。
1950年6月6日。ピアノにセロニアス・モンク、ドラムはバディ・リッチ。
パーカー&ディズの演劇は勿論素晴らしいけど、モンクのピアノって不思議で好きだ。
posted by kin at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/4909574
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。