2005年09月03日

KAPAKAHI JUG BAND

kapakahi.jpgハワイのジャグ・バンド。
知る人ぞ知る伝説のバンドの1981年発表のアルバムが遂に世界初のCD化ということらしい。タワーでマンドリンのCDを物色中にこれが目に入った。

最近ジャグという言葉に非常に弱い。どんどんアコースティックな方向に向かっている。
ジャグバンドの特徴は洗濯板や水差しなどの日用品を楽器代わりにする事だ。
個人的にはミュージカル・ソウ(のこぎり)のヒュ〜ヒュ〜という怪談での効果音のような音がちょっと気にいらないが、ジャージーで楽しい音楽は無人島でも活躍しそうだ。

楽器なんて何でも良いのだ!楽しければそれが音楽なのである・・なんて、私なりに悟りを啓いたのである。

posted by kin at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ジャグ・バンド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うわ、何か面白そうですね、これ。
ハワイのジャグ・バンドなんですねー。
ジャグとハワイアン自体に興味あるんで、要チェックですね!
Posted by lenmac at 2005年09月04日 08:23
どうも!lenmacさん、コメントありがとうございます。

CD屋で手にした時はハワイアンを現地のジャグバンドが演っていると思ったのですが、ハワイアンは1〜2曲で、あとは本土の古いジャズやブルースをカヴァーしているみたいです。
でも、この〜ゆるゆる〜感!お奨めです。
Posted by kin at 2005年09月04日 09:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6530852
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。