2004年10月18日

ウェス・モンゴメリー

ウェス・モンゴメリーこのアルバムを・・というか、この人を知ったのが今から27〜8年前の高校2〜3年の時、フュージョンをクロスオーバーと呼んでいた頃の話だ。
当時はリー・リトナーやラリー・カールトンなど西海岸のスタジオミュージシャンがもてはやされた時期で、彼らギタリストのルーツを探って行くとこの人に辿り着く。
ウェスと言えばオクターブ奏法。オクターブの弦を同時に弾いて音に厚みをつけるというもの。
写真は「フルハウス」というライブアルバム。初めてのジャズレコード。
当時付き合っていた彼女に誕生日何が欲しいか聞かれ指定したアルバム。彼女はレコード屋の兄ちゃんに「渋いの聴くねー」って言われたと笑っていた・・・。
posted by kin at 22:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/836853
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。